« 二輪の車検 | トップページ | 久しぶりの更新 »

腕時計

 携帯電話を持ち歩くようになってから、腕時計をしなくなった。汗かきなので、腕時計が接する部分がすぐ汗でびしょびしょになる。特に夏はただでさえ暑いのに不快指数がさらにアップする。というわけで、携帯電話が時計代わりになって久しい。今使っている機種は、しばらく放置すると全表示が消える仕様なので(消さないようにも出来るが、バッテリーがあっという間になくなる)、何かボタンを押さないと時間がわからないという不便はあったが、腕時計をする不快感よりはいいと思っていた。
 そんな不便はあるものの、プライベートの時間は携帯電話を見れば済んでいた。では、携帯電話の持ち込みを禁止されている勤務先ではどうしているかというと、ポケットに入れている手帳にバンドを取り去ったデジタル時計を貼り付けておき、見たいときにちょっと引っ張り出して見る、ということをしていた。
 だがそういう行為も、手帳に貼り付けられている時計自体も、我ながらかっこいいものではないという自覚はあった。その時計がしばしば落下するようになり、ちゃんと貼り直すのも面倒になったとき、なぜかまた腕時計をしようという気になったのである。
 今持っている時計は、アメリカ出張の時にモールで$120で買った、リーボックのマークが付いた正体不明の時計。クロノタイプの文字盤は今でも嫌いじゃないが、ケースは今ひとつかも。引き出しの奥から引っ張り出してみたら、当然ながら電池が切れていた。裏蓋を開けてみると、電池はSR920SWだった。もちろん自宅に在庫などないので(SR626ならある)ダイソーへ走り、互換電池を買ってきた。バンドもだいぶ傷んでいるが、万能ボンドで修繕した。
 早速翌日から使い始めたが、革バンドは着脱しにくい。そこで、着脱が楽なバンドに交換することにした。福田屋やベルモールの時計コーナーで探したがいいのがないので、ネットで検索。まあまあ妥当なものを見つけたので購入して取り付けた。時計をつけてのデスクワークにはまだ慣れないところもあるが、時計の着脱は楽になったし、腕に目をやれば時間がすぐにわかるというのはやはり便利だ。
 これで所定の目的は達成したので、そのまま日常生活に戻ればよかったのだが、バンドを探す過程で時計本体も否応なく目に入るわけですよ。何となく変わった時計を見つけて、高くもないのでちょっと買ってみようと思ってしまったのが運の尽き。それ以降、時計関係のウェブサイトばかり見るようになってしまった。
 おかげで、これまで嫌悪感すら抱いていた有名ブランドがおいでおいでするのを拒みきれなくなってしまった。だが、そうは言っても価格が高い。ここまで高い理由がわからない。まあ、本当はおぼろげにわかるんだが、自分はそういうのを(今は)受け入れられないので、有名ブランド(の本物)には手を出さないだろう。一方、ばちもんに手を出すことは考えた。業者のウェブサイトでぽちる直前まで行ったけど、何とか踏みとどまった。
 そんな矢先、会社の人が中国へ旅行へ行くというのを聞いた。中国といえば複製のメッカである。そこで、もし見つかったらという前提で複製品を買ってきてくれと頼んでしまった。その後インターネットでいろいろ調べると、複製品にまつわるトラブルがいくらでも見つかったので、会社の人が現地で見つけられない方がいいかな、と思い始めている。
 そうこうしているうちに国産の安い時計にはいくつか手を出してしまって、いつものようにとほほを味わっているけど、これで熱が冷めることを祈りたい。

|

« 二輪の車検 | トップページ | 久しぶりの更新 »

腕時計」カテゴリの記事

コメント

(o^-^o)用務員さんは凝り性ですねー。
何でも自分仕様に改造できるなんて、羨ましい限りです。

私は有名ブランド時計のデザイン鑑賞するのは好きです。用務員さんと同じで持ちたいとは思いませんが・・・。

さて、中国の複製品ですが、オリンピック前から偽ブランド品を扱う店がどんどん潰され、もちろんそれでもあちこちで生き残っているのですが、路上での客引き商売が中心になっています。観光客にだれかれとなく「かばん、かばん、トケイ、トケイ」と声を掛け、怪しい家の一室に連れて行き取引という形です。

私は複製を買った事がないので知らないのですが、B級、A級、特A級などランクがあり、値段も様々らしいです。
巧妙にできている複製品よりもむしろプッと笑ってしまうような愛嬌ある複製品に惹かれます。

投稿: こばやし | 2008年9月 8日 (月) 13時06分

私も複製品を買ったことがないので、インターネットでいろいろ情報を集めているのですが、奥が深いですね。日本にいてもあちらの複製品が買えるみたいで、そういう業者の日本語ウェブサイトもいくつかあるので見ていますが、ほしくなっちゃいますね。寸前のところで思いとどまっていますが。

投稿: 用務員 | 2008年9月11日 (木) 06時42分

日本語ウィブサイトがあるんですか!? ビックリ!でも違法ですからね、ダメですよー。

大都市で目にする複製品はかなり精巧ですが、田舎の複製品は超B級で笑えます。バイクの複製が多いですよ。
今日から映画「山の郵便配達」の舞台となった辺境な地域に旅行に行ってきます。文明が届かない場所でどんな突飛な複製品に会えるか、それも楽しみですね。

投稿: こばやし | 2008年9月11日 (木) 12時57分

売るのは違法だけど、買ったり使ったりするのを罰する法律はないみたいですよ。ほんとかどうかは調べてないですけど。

バイクの複製といえば、某H社が複製品の排除から自社ブランドへの取り込みに方向転換してから何年かたちましたが、今はどんな状況なんでしょうね。

投稿: 用務員 | 2008年9月12日 (金) 02時47分

誇張ではなく、「生きて帰れるかな?」と参加者みんなが本気で心配した保証の無い旅行から無事生還しました(痩せて)。

某H社が複製品を作る会社を自社ブランドに取り入れたのは本当にH社らしい勇気ある、懐の深い発想でした。その後どうなってるんでしょうねぇ?

ちなみに今回は僻地で「Hongya」と「Honyo」の二種類を写真に収めてきました。複製が中途半端・・・。

投稿: こばやし | 2008年9月19日 (金) 09時11分

お帰りなさい。無事に帰還できてなによりです。

その「Hongya」と「Honyo」、偽のブランド名はともかく、バイク自体はどうでした?

投稿: 用務員 | 2008年9月19日 (金) 20時53分

うーん、バイクのデザインって良く分からないので、どれも同じに見えてしまいます。
でも、日本では有り得ないような未舗装でその上落石がゴロゴロしている道を走っていましたから、性能は意外といいのかも・・・?

投稿: こばやし | 2008年9月22日 (月) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108115/42392315

この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計:

« 二輪の車検 | トップページ | 久しぶりの更新 »