中古レコード購入

 ハードオフへレコードを見に行った。今更レコードを買い集めるつもりはないのだが、昔エアチェックして聞いていたお気に入りでCDも持っていない曲のレコードがあれば、と思って時々訪れている。
 しばらく前から、なぜかちょっとだけジャズを聴きたいと思うことがあって、100曲入り4枚組CDなども買ってみた。つい最近もJR東日本の新幹線車内にあるトランヴェーユのジャズ特集を見て、お薦めされているアルバムを買ってみようかと思っていた。
 そんな背景があって、有休の日にハードオフに行ったのだ(有休でないと自由に行動できないから)。
 行ってみると、いつもより在庫が多い。棚の下にも段ボール箱に入ったLP, EPが並んでいる。棚の端から見ていくと、ナベサダのベストアルバムが。ナベサダと言えばカリフォルニアシャワーしか知らないが、それが入っているので購入候補に。
 次はビリージョエルだ。ビリージョエルと言えばストレンジャー、マイライフ、オネスティしか知らないが、後の2曲が入っているので購入候補に。
 さらに見ていくと、シベリウス。シベリウスといえばフィンランディアだが、この一曲だけのためにCDを買うのをためらっていた。それがここで見つかった。
 次はワーグナーだ。いろいろな序曲集をCDで持っているが、なぜかタンホイザーの序曲は持っていなかったので、それが入っているやつを購入候補に。
 棚の下の段ボール箱に移って、最初に目に入ったのが通常のLPではない丁装の箱。全部で7箱ある。そのうちの一つに書いてあるのは「モダンジャズ 第9巻」~セロニアスモンク、ジョンコルトレーン。こ、これは。他の箱を見るとチャーリーパーカー、ディジーガレスピー、ソニーロリンズ、マイルスデイビス、アートブレイキーの名前が。買えと言うことか。買わねばなるまい。

 ということで、本日のお買い上げリスト
渡辺貞夫 NICE SHOT!    \105
Billy Joel  52TH STREET  \105
Wagner Overtures & Preludes  \210
Sibelius  Finlandia他   \210
モダンジャズ(LP 2枚組) 第2,5,8,9,12巻 各\315
合計LP 14枚で2205円ですた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スクランブル!?

 先週、市内のオーディオ専門店に行って、アンプとスピーカーのエントリー機の試聴をさせてもらったのだが、店員さんの薦める機種が意外によかった。DENONのPMA-390AE(アンプ)と、B&WのCM1(スピーカー)の組み合わせだ。PMA-390AEは実売3万円台半ばの価格帯である。これでも十分よいと思ったが、その1ランク上のPMA-1500AEも気になる。なぜ気になるのかと言えば、予算はもう少し上を見ていたから1500も射程圏内であること、最低価格モデルは何となくいやだが最上位機は買えないという、微妙な葛藤があるからだ。

 PMA-1500AEは値段も重量もPMA-390AEの約2倍になる。宇都宮のヨドバシに行ったら、この機種が展示してあったので何気なく重さを体感してみようという気になり、よいしょっと持ち上げてみた。重さはたいしたことはなかった。しかし、その直後異変が起こった。

 ヨドバシのオーディオコーナーには何回か行っているが、通常店員は近くにはまずいない。しかしアンプを持ち上げてみた直後には、急に店員が3人くらい集まってきたのだ。めずらしいな、と思った数秒後、これは私の行動を窃盗行為と疑い、スクランブル発進してきたのだと気づいた。見てないようでちゃんと見てるんだね。

 オーディオ装置を置く建物、いわゆるマイホームについては急展開があって、実現がかなり前倒しになりつつある。だからオーディオ機器の選定も早く進めたくて、もう一組か二組くらいの組み合わせを聴いて決めたいところなのだが、あそこは並べ方や周囲の環境が「試聴」には向いていないのが残念だ。気軽に展示品をいじれるのはいいんだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディオ熱

 昨日、実家のプリンターのインクを買いに、ヨドバシへ行った。プリンターはNECのP!CTY760というやつだが、HPのOEMのため見つけるのに苦労した。やっと見つけて値段を見たら驚いた。黒でも\3500、カラーは\4000近くする。後でわかったことだが、これは5年以上前の製品だ。パソコンにおまけで付けるくらいしか処分方法がないプリンターだから元値はないようなものだ。プリンターは本体で損して消耗品で儲ける製品ということはわかっているものの、これはひどすぎる。

 次に7階に上がって、オーディオコーナーを覗く。かつての夢を実現するにはスピーカーは必要だし、もしかするとアンプもダメかもしれないから、今から情報収集をしなくてはならない。今や家で音楽を聴くことはまずなく、車の中で聴くのがメイン。しかもiPodで不満がないというのが現状だから、今更凝るつもりはない。とりあえずはオープンリールデッキを回して音を出すことが最優先項目だ。

 そんな考えでオーディオコーナーに立つ。もともと人が少ない7階で店員も寄ってこないから、かなりじっくりとスピーカーを試聴させてもらった。ポップス系とクラシックを交互に聴いてみたが、好みの問題も大きいんだろうが値段の高い奴は確かに違う(ように感じる)。初めて見た「DELI」のHELICONというモデルがいい感じだった。TANNOYもクラシックはすばらしかったが、ポップス系は今ひとつだった。

 レコードプレーヤーのアクセサリーも思ったより豊富だし、オーディオ用の電灯線のソケットやプラグもたくさんあったりして、ここまで凝るのかと驚いた。でも、さすがにオープンリールデッキのアクセサリーはなかったな。

 なかなか楽しいひとときで、オーディオ熱が再燃するかも、と思ったが、それらを入れる容器(自分の家)がないことを思い出してがっくりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)