ジューンベリー

Imgp0513  ジューンベリーが連日攻撃を受けている。鳥ではなく、息子によるものだ。手の届くところは全部取ってしまったので、上を目指してよじ登ろうとする。株立ちになっている幹の根元から折りそうな勢いだ。見かねて、上の方の袋がけしていない部分の赤いやつを取って与えるが、あっという間に食べてしまう。もうおしまいと言うと、物置から折り畳みいすを出してきて(運ぶ過程で植木鉢を倒しながら)、かけてある袋をやみくもに引っ張って外そうとするので、見かねて袋を外して熟したものを与えた。自分も食べてみたが、よく熟しても鳥や息子と争いながら食べるものではないということを再認識したので、もう袋は撤去する予定。
 鳥よけに、ダイソーの鳥よけグッズを取り付けてみたが、効果は全くないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジューンベリー

20080601juneberry  ジューンベリーの実がどんどん赤くなってきた。今年はすでに鳥が食べに来ているが、息子も鳥以上に食べている。手が届く範囲の赤い実を食べ尽くすと、木によじ登って上の方の実を取ろうとするが、子供とはいえ人間が登れるような木ではない。枝を一本折りやがった。鳥対策には写真のように袋がけをしたが、息子に対しては何の効果もないので、出来るだけ上の方にかけた。出来る限り完熟させてから味わわせてもらうつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のジューンベリーその他

200804283 ジューンベリーは昨年とだいたい同じ時期に咲いた。今は受粉した花の付け根がふくらみ始めている。写真中央上は受粉できなかった花の残骸で、さわるとぽろっと落ちる。

200804282 つぼみが開き始めた後、なかなか広がらなくて心配したハナミズキは、なんとか開ききったようだ。赤い傷みたいなものがほとんどの花にあるのが残念だけど、花の数は昨年よりずっと多くてよかった。樹高の割に枝が短くてかっこわるいので、何とかしたいのだけどどうすればいいかわからない。

20080421f 庭の一畳畑に植えたブロッコリー(スティックセニョール)の花。菜の花のような鮮やかな黄色ではなく、ちょっとくすんだ黄色。これはこれでいい色。

200804281 庭の彩りに作った花壇がにぎやかだ。今咲いているのはビオラ、ムスカリ、チューリップ、ジャーマンカモミール。もうすぐかすみ草とカラミンサが咲く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ジューンベリーがもうすぐ満開。その下ではチューリップ、ビオラ、ムスカリが。もう少し立てばカスミソウが咲きます(咲くはず)。

20080412c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のジューンベリー

 4月上旬には咲くだろうと思っていたジューンベリーは、結局去年と同じ4月半ばくらいの開花になりそうだ。写真は9日時点の様子。ようやく最初の花が開き始めたところ。花の後、実が大きくなり始めたら人間の食べる分にネットをかけて、鳥に対して所有権を主張するつもり。Juneberry080409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の庭木

 もうすぐ4月だ。栃木県でも桜が咲き始めているが、我が家の近所ではまだ咲いていない。ジューンベリーは、桜とだいたい同じ時期にさくのだが、今年はあと1週間ほどかかりそう。桜の方が早そうだ。

20080330juneberry

 我が家には、上記のジューンベリーの他に2種類のハナミズキとシャラの木がある。シャラの木も若葉を出し始め、ハナミズキのつぼみ(と言っていいんだっけ?)も開き始めている。今の家に入居した一昨年はだいぶ弱っていて花芽をつける元気もなく、昨年はちらほらとしか咲かなかったハナミズキだが、懸命の看病(寒肥とうどん粉病対応、アメリカシロヒトリ駆除くらいだが)の甲斐あって、今年はいっぱい花を咲かせてくれそうだ。白花の方は写真の通りだが、もう一本の赤花は一昨年に多くの枝が枯れてしまったこともあって、花芽の数は圧倒的に少ない。それでも、回復傾向にあるので今年の秋はもっとたくさん花芽をつけてくれるだろう。

20080330hanamizuki 20080330hanamizuki2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニガラ

 庭に植えられているハナミズキの根元に、ツメクサやホトケノザ、ナズナが密生していた。その密度といい草丈色艶といい、この時期としてはちょっと異常だった。それらを抜いてみると、白っぽいオレンジ色のものが根っこに包まれるようにいっぱいついていた。それが昨年秋に根元に混ぜ込んだカニガラであることはすぐわかった。

 土壌改良にカニガラがいいという話を聞いて昨年秋に芝生にまいてみたものの、今のところ効果は感じていないのだが、この例を見るとカニガラが植物にとっていいものであることは間違いなさそうだ。その効果を出すためには、土と混ぜる必要があるということだろう。近いうちに土とカニガラを混ぜたものを芝生の目土として撒くことにしよう。

 だが、どんな土を使うかが悩ましい。通常、西洋芝の目土には土ではなく砂を使うことが多いらしいが、今の土と砂では透水性が違いすぎるので、その境界に不透水層ができるのが怖い。完熟堆肥を使うと、その不透水層が溶けるという話もあるが・・・。なんだか、ちょっと情報に振り回されすぎているような気もする。ここは、土と混ぜたカニガラがよかったという事実に基づき、黒土あたりを買ってきて混ぜることにしようと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)